カテゴリ:愛知万博( 16 )

愛知万博が、いかに知られていなかったか。

 日曜日、更新がなかったのに多くの訪問者に来ていただきました。2日前に
更新休みの告知をしましたが、もう少し繰り返し伝えておくべきでした。

 前回から続いて地球博の話。今日の「笑っていいとも!」で、タモリさんは瀬
戸会場があったことをご存知ではなかった。そして、博覧会へは来ないまま終
わってしまった。

 博覧会が終わった翌日朝の番組「とくダネ!」でも、会場を実際に訪れてもら
えたのは司会者の小倉智昭だけであった。

 会期中、イベントに出演してくれたタレントの数はけっして少なくはなかったが
もっといろんなテレビ番組、ラジオ番組で4月いっぱいは博覧会の宣伝をして
おけば、ある程度は全国に知られたものになっていただろうに。

 終わったことを今さら悔やむのは見苦しいが、やっぱり運営側の取り組み方
にはおおいに不満が残っている。それなのに、まだきちんと反省にとりかかっ
ていないように感じられる。解決されなかった問題点についても、新聞などで
明らかにされることを望みたい。といったところでこのブログでの万博の話題
はおしまい。また何かあれば書くかもしれないが・・・
by mizuumist | 2005-10-03 21:14 | 愛知万博

小泉首相が博覧会協会に会期延長の要望を

 10月1日の中日新聞コラム、中日春秋の中で小泉総理が9月24日に博覧
会の会期延長について検討するように打診したということが書かれている。

 いくら自分が地球博の名誉会長だからといって、翌日に閉会式がせまってい
る夜、急にそんな思いつきでものを言っても通るはずがない。本気だったとす
れば、この催しをその程度のものにしか思っていなかったということだ。

 思えば、弁当の持ち込みを解禁させる大きなきっかけは首相の発言がもと
だったとされている。食中毒をふせぐため、とかテロ対策と建前上言われてい
たが、実際は会場内で出るゴミのリサイクル効率を上げるためだったようだか
ら、あの時点で解禁せずに会期終了まで持ち込み禁止を通すべきだった。

 結局、事前の宣伝不足が一番の問題だった。弁当の持ち込み禁止が全国
に知れわたっていれば、混乱することもなかっただろう。

 会期が終了して、地元では大成功の大合唱中だけれど関東や関西の観客
がもっと大勢来たのでなければ、とても全国区でのイベントだったとは認めら
れない。言われていた通りの地方博に過ぎなかったとの思いが、日増しに強
まっている。それが愛知県に住むひとりとしての実感である。
by mizuumist | 2005-10-01 18:29 | 愛知万博

 誰のためのパレードだったのか?

 愛知万博で、夏の目玉イベントとなるはずだったエキ
スポ・オールスターズ・パレード。当初は7月28日か
ら8月いっぱいまで連日開催される予定だった。

 それが、二日目にして会場内で混乱を起こしてしまい
警備体制の見直しなどのために一旦中止となった。
パレードの場所を変えて、また再開されるも二日のみ。

 8月中旬になって、金土日曜はショーとして開催し月
から木曜日までをパレードにすると発表された。ところ
が、奇妙な条件つきでの再開となってしまう。

 会場内の観客が基準より多い場合は原則中止で、基準
よりも少ない場合のみ開催となった。警備上の都合とし
ているが、普通に考えたら逆ではないか。

 バスによる団体客が減少する夏休みの間、入場者数の
落ち込みを補うための催しだったはずが、順調な客足が
確保されたことで、開催する必要がなくなってしまった
ということなのか。

 結果的に、観客が多かったがため24日から9月1日まで
のパレードは一回も行なわれずに終わってしまった。パ
レードも楽しみにしていた人たちの思いを無視したまま
で。見ようとして多くの人がつめかけると、見られなく
なる。こんなやり方が、万博で許されてよかったのか?
by mizuumist | 2005-09-01 21:21 | 愛知万博

7月に ブレーキかかる 入場者

 学校は夏休みに入り、一日の平均入場者数は増えてい
るのだろうか?愛知万博の入場者数を二週間ずつ見比べ
てみると、意外な結果が現れている。

 入場者が順調に伸びだした6月前半、10万人を越えた
日数は14日間で13日。6月後半では、同じ14日間で9日。
それが7月前半には8日になり、7月後半だと6日しか10万
人を越えた日がなかった。つい先日は台風の接近もあっ
て、条件が同じではなかったともいえるが、一日の平均
入場者数を計算すると、7月後半の方が前半より4千7百
人も少なくなっていた。

 やっぱり、梅雨が明けて気温が35度になると会場をめ
ぐる通路グローバル・ループでは40度を超すという暑さ
になることが、うまく伝わっていて出かける時期を先延
ばしにしようと考える人が多くなっているのだろう。

 協会側では、夏の入場者減少への対策として夕方以降
の時間帯で行なわれるイベントを増やすようだが、遠方
からの来訪者にとっては遅い時間まで滞在していられな
いため効果があまり望めない。まだ二ヶ月も会期は残っ
ているのだから、もっとほかの手段も考え出して実行に
移さないとまた評判が落ちそうな気がしてならない。
by mizuumist | 2005-07-29 21:04 | 愛知万博

万博会場に台風接近、第一ラウンド

 台風7号バンヤンの進路によっては、今日の閉場時間
が繰り上がる場合もあっただろうが、今回は平常どおり
10時までの営業となったようだ。
 安全を優先させて、会場内を移動するゴンドラ(ロー
プウェイ)や、グローバル・トラムは一日運休した。

 台風が接近しているにもかかわらず、会場オープン前
に今日も一万二千名近くの来場者がゲートに並んだ。
さすがに団体旅行はキャンセルがあったようで、入場者
の総数は6万人前後とみられる。

 気温そのものはそれほど上がらなくても、風が強い中
で歩くのはかなり大変だっただろう。今のところ強風が
原因でケガをした人が出ていないのはさいわいである。

 博覧会の期間中で最初の台風は直撃を免れたが、8月
9月のうちにはあと一度ぐらいは台風の接近があるに違
いない。暑さ対策も大事だが、台風対策もぬかりなくと
られていることを祈りたい。
by mizuumist | 2005-07-26 21:05 | 愛知万博

 夏休みで上映内容が変更されるパビリオン

 長久手日本館で観ることのできる球面映像は、7月21
日から新作に切り替わる。これまでは、奇数日・偶数日
で一作目と二作目を交代で上映していたが、この新作は
8月いっぱいまで同じものを続けて上映する。夏休み以
降はまた前作の上映に戻り、三作目の再上映は行なわれ
ないのでこれから見ようとしている人は注意のこと。

 それと、押井守監督が手がけた「夢見る山」のプログ
ラムは、元々二ヶ月ごとにテーマが変えられているので
7月25日からは三つめのテーマに沿った内容に変更され
て会期終了までの展示となる。愛知県に近い東海三県の
住民にとっては、このような変更がある場合もローカル
番組やニュースでよく情報が入るが、ほかの地方の人に
は伝わっていないのではないだろうか?

 ガイドブックも改訂版は発売されないようなので、出
かける方は博覧会協会の公式ホームページをもう一度
確認してから来られることをおすすめしておきます。
by mizuumist | 2005-07-15 21:29 | 愛知万博

 悪い点ばかりでもない愛知万博

 会場を一周している、グローバル・ループはアスファルトの道より歩きやすい。

 ペットボトルも会場外と同じ値段で販売されている。あちこちに売っているソフトクリーム
は、どれを選んでもおいしかった。ホットドッグや焼きそばなら、それほど値段も高くない。

 自分が入ったパビリオンでは、表示されていた時間よりも早く入場できたし、冷房が効き
過ぎている場所もなかった。ぐずる子供はいても、怒鳴り散らす大人は見かけなかった。

 自分で決めた帰る時間まで充分に楽しめたといえる。来たかいはあった。

 でも、もう一回来る気になれるか?と聞かれれば、この季節ではもうけっこうだと思って
しまう。8月下旬、都合がつけられたらまた来ることになるかもしれないが、決定ではない。

 来月は、万博と関係している笹島サテライトの「デラ・ファンタジア」を訪れる予定です。
by mizuumist | 2005-06-27 21:28 | 愛知万博

 会場内 2リットルでも 足りないわ (暑さ対策編)

 十一時半に会場に入って、夕方五時半までにペットボトル四本消費した。

 パビリオンの入場待ちの途中で買えていたら、もう二本多かったに違いない。

 特に暑い日に行ってしまったのも確かだが、長時間並ばないと入れないパビリオン
を見たいと思ったら、かなりの体力を消耗するのを覚悟せねばならない。

 入場待ちの行列は、まず炎天下で始まる。日陰に入れるまでに一時間以上かかる
場合が多い。何人かのグループで来ていれば、買出しに行ってもらって後で列に
戻ることができなくもないが、実際にそうしている人はあまり見かけなかった。

 最近は、会場内にペットボトル飲料を売っている場所が増やされているものの、自動
販売機は補充して冷やすのが追いつかず、冷たくないものが出ることも多い。

 また、周遊路には日よけのついたベンチがぐるっと全体に設置されているが、時間
によっては日陰にならない場所ばかりになっていて休憩がとれないこともある。

 今後、さらに暑さが増すとなると小さい子供や年配者には今まで以上に体に負担が
かかることだろう。特に長久手会場はのんびり楽しめる環境とはとても言えない。

 感想の一回目は苦情から述べさせてもらいました。 次回は良かった点を。
by mizuumist | 2005-06-26 12:00 | 愛知万博

 今度は、パビリオン入場予約済み入場券の問題。

 また愛知万博関連の話題を少しふれておく。「サツキとメイの家」の予約方法が変わっ
てから、第一回目となる6月分の抽選は終わり、トラブルもなく予約券が郵送されている。

 最近出てきたのは、パビリオンの入場前予約をする際に、入場券にある番号が必要に
なっていることから、あらかじめパビリオンの予約をしておいて、そのとき使った入場券を
オークションに出すというやり方。今のシステムでは、この手口を締め出すことができな
い。

 混雑を緩和するために採用された、インターネットを使っての予約だが、いざとりかかっ
てみると、すでに一ヶ月先、二ヶ月先までいっぱいで新しく予約が入れられない状態が
続いていて、結局当日にその場で行列に並ぶしかないことがわかる。すでにシステム
が機能しなくなっているのだ。協会でも実態をつかんでいるようで、改善策をねっている
というけれど、もう会期の半分が終わろうとしているのだから、すぐに手をうつ必要がある。
入場者数は予測に届きそうになってきたが、予約システムはうまくいっていない。暑さが
増してくるこれからの時期、今日は熱中症で手当てを受けたのは二人だったそうだが、
今後どんな事態が起こるか心配である。

 翌日の新聞で確かめてみたら、昨日熱中症で手当てされたのは8人だった。
by mizuumist | 2005-06-13 21:54 | 愛知万博

 開始からもうすぐ二ヶ月、入場者数は順調だけど。

 開幕当初は心配された入場者数だが、

 最初の二週間の平均は、6万人を少し上回る程度だったものが次の二週間を見ると
7万4千まで増え、ゴールデンウイークをはさんだ二週間では9万8千以上となった。

 その後の二週間もまた、平均で9万8千を超えるペースである。きっちり二ヶ月目と
なる、5月25日まであと六日あるけれど、全期間185日での目標数1500万人を
単純に三等分した500万人に到達するのは確実になってきた。

 愛知県にいるせいもあり、成功を望む一方で、こんなものを見たかったわけじゃない
という期待とのズレも感じて、かなり批判的な見方もしている。まだ改良の余地もある
が、とりあえずは一安心できたので愛知万博の話題についてはしばらく触れないこと
にして、いつもどおりの内容でいきます。
by mizuumist | 2005-05-19 17:58 | 愛知万博

興味あるものが少数派ばかりになってしまう中年の記録


by mizuumist
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る