CDのデラックス盤、意外なものが出ている。

 タワーレコードでCDを買ったあと、広告で新譜を知ることが多い。

今月になってからでも、1990年のウィルソン・フィリップスの一作目のデラックス盤が発売されたし、
今日わかったのは「ビバリーヒルズ・コップ」のサントラ盤。「ビバリーヒルズ・コップ2」も同時
発売。

どちらも国内盤の予定がないのが残念。90年代の音楽CDも、リマスター版の音質は向上しているので
輸入盤しかないのは実にもったいない。

by mizuumist | 2016-12-14 22:19 | 雑談

興味あるものが少数派ばかりになってしまう中年の記録


by mizuumist
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る