コルグのDS-DAC-100m 、使えるまでの手順。

 コルグのUSB-DACが届いたので、さっそく使ってみる。

最初にコルグのサイトから、オーディオゲート2より先にDS-DAC-10 ドライバソフトウェアをダウン
ロードする。

ダウンロードしたファイルを解凍する。ずらっと並んだファイルの中の set upを実行する。

指示にしたがってドライバをインストールする。

インストールを完了したら、ここでやっとDS-DAC-100m をUSBケーブルでパソコンと接続。

スタートメニューからコルグのプログラムを選んで、コントロールパネルを表示させる。

パネル内のモード、サンプルレート、ストリーミング・バッファ・サイズ、アジオ・バッファ・サイズを
それぞれ選択する。

これでDS-DAC-10 ドライバの方は準備完了。続いてオーディオゲート2に移る。

これもコルグのサイトからダウンロードして、解凍し、セットアップを行う。

ここでオーディオゲートのアクティベーションがされる。ユーザー名を入力し、インストール完了。

だが、2つのプログラムを入れただけでは音が聞けない。

今回は現在利用している Media Go と連携させてみる。オーディオゲート2にメディア・ゴーの
音楽ファイルをフォルダごと追加する。けっこう時間がかかるが、こうすることでメディア・ゴーの
画面上からDS-DAC-100mにつないだヘッドホンで音楽を聞けるようになる。b0020595_19423854.jpg
by mizuumist | 2013-12-13 19:43 | コンピュータ

興味あるものが少数派ばかりになってしまう中年の記録


by mizuumist
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る