TOTO「ファーレンハイト」新たなリマスター盤。

 紙ジャケットケース入り2005年のリマスター国内盤を4年前に紹介しているが、US
盤で新しいリマスターCDが出たのでさっそく聞いてみた。

発売元はフライデーミュージック。いろんなレーベルのCDをリマスターで発売している。

でも、この前のソニーミュージックによる最新リマスターも満足できる音質だったから、
たった4年の違いではそれほど違いはないだろうと思っていた。

ところが、これを聞いて驚いた。まず音量が上がっている。ドラム音のヌケ具合も良く
なっていて、ベースギターもくっきり聞き分けられる。バックコーラスの響きもきれい
で、キーボードもより広がる。どの曲を聞いても、こっちの方が気持ちいい。

別にHQCDやSHM-CDというわけではなく、通常のアルミCDのはずなのに大きく音が
変わったように感じられる。

同じマスターテープを使って、本家レーベルよりも音質が向上するなんてことがあると
は・・・。こういう動きもまたオーディオを楽しくする。今後も期待したい。b0020595_20533974.jpg
by mizuumist | 2009-10-10 20:54 | 音楽

興味あるものが少数派ばかりになってしまう中年の記録


by mizuumist
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る