EMIジャパンから1500円の再発盤。意外と新しい。

 最近は、旧作アルバムを1500円で再発売するのが珍しくない。ユニバーサル・ミュージックと
EMIジャパンでは毎年やっているような気がする。

ところが、7月1日にEMIジャパンから出る1500円シリーズはこれまでのように20年ぐらい前
のタイトルを出すのではなく、2・3年前に出たばかりのものが再発売される。

カイリー・ミノーグは2007年のアルバム。ケミカル・ブラザーズやゴリラズも2007年に出たアル
バム。レニー・クラビッツのは去年出たばかりのアルバムまである。

出たばかりのものさえも、値段を下げた廉価版を出すというのは今まではほとんどなかった。

おそらく多くのタイトルが、まだ売れ残っているに違いない。これ以上置いておいても売れないと
見切りをつけるつもりなのだろうか?これでは安売りではなく、値崩れそのものだ。

ほかのメーカーまでこんな再発売をするようになるのだろうか。あまり考えたくない事態になって
いきそうで心配である。
by mizuumist | 2009-06-08 21:56 | 雑談

興味あるものが少数派ばかりになってしまう中年の記録


by mizuumist
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る